ホーム > コラム > 食のコラム vol.14 ~LDL コレステロール値が高くても食事は気にしない?~

食のコラム vol.14 ~LDL コレステロール値が高くても食事は気にしない?~

コラム

最近「LDL(悪玉)コレステロールが高くても食事制限はしなくていいの?」という質問を受けました。「2015年日本人の食事摂取基準」にコレステロールの目標量の設定がなくなりました。米国でもコレステロール摂取に関するガイドラインで同様の発表があり、「コレステロールはいくら摂っても大丈夫・食事は気にしなくて良い」と解釈されたようです。では、LDLコレステロール値が高い人に食事療法は必要ないのでしょうか?

 日本人の摂取基準とは

健康な個人並びに集団を対象として、国民の健康の保持・増進、生活習慣の予防ために参照するエネルギー・栄養素の摂取量の基準を示したものです。

なぜコレステロールの目標量がなくなったのか

目標量を設定するのに十分な科学的根拠が得られなかった為です。
コレステロールは体内で合成できる脂質であり、食事で摂取するコレステロールは、その1/3~1/7程度で個人差が大きいです。また、コレステロールを多く摂取すると体内での合成は減少し、逆に少なく摂取すると合成が増加し、末梢への補給が一定に保たれるようになっています。コレステロール摂取量が直接血中コレステロールに反映されるわけではないのです。コレステロールの目標量はなくなっても、脂質・脂肪酸の目標量は設定されています。

LDLコレステロール値が高い人に食事療法は必要ないのか?

LDLコレステロール値が高い人は生活習慣、運動、食事など包括的に見直す事が大切。
コレステロールのみの制限では改善が期待できません。食事では、エネルギー量の摂り過ぎはないか(肥満があれば減量を)、飽和脂肪酸の摂り過ぎ・不飽和脂肪酸の不足、大豆製品・海藻・野菜の不足がないか見直しましょう。

飽和脂肪酸を多く含む食品
摂り過ぎはLDLコレステロールを上げる
不飽和脂肪酸を多く含む食品
適量だとLDLコレステロールを下げる
お肉 卵 チーズ 魚 ごま油 ナッツ
肉・卵・チーズ・アイスクリーム・バター・ケーキなど 魚・ごま油・オリーブ油・コーン油・ナッツなど

| 一覧 |

このページの先頭へ