ホーム > 医師紹介 > 新任医師の紹介

新任医師の紹介

医師紹介

内科 野村 絋一郎先生


20150724nomura

平成27年5月から内科外来を担当しています。
当科で特に多いのは糖尿病の患者さんです。糖尿病は食生活をきちんと守り適切な治療を行えば、ほとんど良好なコントロールが得られる病気です。将来「糖尿病合併症」を起こさないためにきちんと治療をしましょう。
"内科診療の目標"としては、若い頃に「血液疾患」の研究をした経験を元に、糖尿病に限らず『総合内科的診療』を目指しています。
青雲会病院は特殊な専門科が沢山ありますが、何科を受診して良いかわからないときは、まず内科を受診して下さい。お話しを聞いた上で適切な科へ紹介するのも内科の役目です。

【略歴】
鹿児島県出身
昭和42年鹿児島大学卒業 医学博士

鹿児島県立北薩病院名誉院長
「瑞宝小綬章」受章(平成25年11月)

【専門医 資格】
日本内科学会認定内科医
日本環境感染学会認定医
日本糖尿病学会会員
日本内科医会会員


 

 

脳神経外科 池田 信一先生


20150724ikeda

5月からこの青雲会病院で働かせていただくこととなりました。鹿児島生まれで、鶴丸高校卒-鹿児島大学医学部卒(H8卒)-旧第3内科(大学病院1年-関連病院派遣約3年)-脳神経外科(H12年から:大学病院約2年-関連病院派遣約7年)を経て、H21年に鹿児島大学の脳外科医局を退局してからは 長崎諫早の宮崎病院、鹿児島県北部の出水総合医療センターなどで急性期医療に従事して参りました。
急性期医療とは言っても、救急車で搬入されてくる超急性期から、回復期リハビリテーションが終了し車椅子や杖で 施設や自宅に移られるまでを一貫して担当していたので、チーム医療の大切さと有り難みを常に実感しながら過ごして参りました。
H23~24年に2年間、週1回 脳神経外科の非常勤として勤務させていただいたのが4年前になり、皆様との最初の出会いでした。
この春からは常勤として勤務させていただくことになりました。地域の中核となる救急医療機関としての役割の一端が担えるよう尽力して参りますが、最初は慣れないところも多く何かと御迷惑をおかけするかと思います。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一覧 |

このページの先頭へ