ホーム > 医師紹介 > 新任医師の紹介

新任医師の紹介

医師紹介

外科医師 柳 政行先生 柳先生

平成25年9月より勤務させていただいております。

出身は鹿児島市で、鹿児島大学卒業し、鹿児島大学消化器・乳腺甲状腺外科(旧一外科)及びその関連病院で働いてきた、根っからの鹿児島人です。

専門は、消化器外科、一般外科で、特に手術においては、胸腹腔鏡による内視鏡外科手術を中心に取り組んでいます。胃癌、大腸癌をはじめ、胆石症、虫垂炎、鼠径ヘルニア(脱腸)、腹壁瘢痕ヘルニアなど様々な疾患を対象に、出来るだけ小さなキズで且つ、安全・根治性を第一とした手術を皆様に提供出来るように努力していきたいと思います。

何か御相談がありましたら、いつでも声をお掛け下さい。よろしくお願いいたします。


眼科医師 黒岩 宣宏先生

平成25年10月1日より前任の柿内医師にかわり眼科で勤務させていただいております。

出身大学は兵庫医科大学で、研修医の時から出身地の鹿児島に戻って参りました。

黒岩先生

木曜日以外は当院で勤務させていただき、木曜日は鹿児島大学病院で黄斑変性外来をしております。現在は鹿児島大学病院 眼科の医局に所属しております。

学生時代は中・高・大学と12年間バスケットボールをしておりました。バスケットボールをやめてから、さらに体重が増えていますので、青雲会病院へ勤務したことをきっかけに再度運動もしていこうと思っております。まずは眼科外来のスタッフの方たちと菜の花マラソン完走を目標に、ランニングを始めました。

勤務してまだ1か月ですが、青雲会病院のスタッフの皆さんは明るく、さわやかでとても気持ちよく仕事をさせていただいております。

できるだけ患者さんの立場に立った医療を心がけて頑張りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

| 一覧 |

このページの先頭へ