ホーム > 診療科のご案内 > 泌尿器科

泌尿器科

専門医師の紹介

山川 健一(常勤)

鹿児島県出身 平成7年 琉球大学卒業

山川医師の写真

  • 専門医、資格
    日本透析医学会 専門医
  • 所属学会
    日本泌尿器科学会 日本透析医学会

診療科紹介

泌尿器科と透析を担当しています。
泌尿器科の扱う臓器は腎臓・尿管・膀胱・前立腺・尿道などの尿路といわれる尿の通り道が主ですが、陰茎・陰嚢などの男性器も専門です。
泌尿器科はあまりなじみのない方が多いかもしれません。
泌尿器科受診をお勧めする症状として列記しますと

  • 尿が出にくい、残尿感(前立腺肥大症・神経因性膀胱・尿道狭窄)
  • 尿失禁(過活動膀胱など)
  • 夜間頻尿
  • 肉眼的な血尿(膀胱癌、尿路結石・膀胱炎など)
  • 潜血尿や蛋白尿を健診で指摘(尿路腫瘍、結石、腎炎など)
  • 排尿時痛(膀胱炎、前立腺炎、尿道炎(尿道から膿出る))
  • 発熱(急性腎盂腎炎、急性前立腺炎・急性精巣上体炎など)
  • 側腹部痛(尿管結石)
  • 50歳以上の男性(前立腺癌健診)
  • 勃起障害

泌尿器科を初診された場合は、腎臓・膀胱・前立腺などを腹部エコー(超音波)で検査させていたくことが多いです。
腹部エコーは簡単で痛くない検査で泌尿器科疾患の診断に非常に役に立ちます。
排尿した後では膀胱の中が空になることが多く、血尿の検査などで膀胱腫瘍や膀胱結石の有無を調べるのが困難になるので、なるべくエコーの前は排尿を我慢していただいています。排尿困難がひどいか調べるときは排尿後に再度膀胱エコーをして残尿量を調べることもあります。

当院はCTスキャン・MRI・内視鏡等各種の検査機器が充実しています。これらの診断機器を駆使して診断を行い、その病気・状態に応じて手術するかどうかを決定します

医師 山川 健一

ESWL (体外衝撃波結石破砕) 装置の紹介

ESWL (体外衝撃波結石破砕)装置
平成21年10月より、当院に ESWL (体外衝撃波結石破砕)装置を導入し、尿路結石症の方に結石破砕治療を行うことが可能となりました。
ESWL 導入以前は、内視鏡を用いた TUL (経尿道的尿管結石破砕術)を腰椎麻酔下で施行したり、 PNL (経皮的結石破砕術)を全身麻酔下で施行していましたが、 ESWL は坐薬など局所麻酔下で、体の外から衝撃波を腎結石や尿管結石に当てて砕く、日帰り治療も可能な、体に負担の少ない治療です。
痛みが強く早期の治療を希望されている方や、結石が大きめで自然排出が難しそうな方に適応があります。
患者さんのご希望日になるべく併せて結石破砕が可能ですのでお気軽にご相談下さい。

 


こんな症状はありませんか? (下表は、プリントアウト等をしてお使いください)

症状 あてはまる項目に〇
残尿感がある
特に、夜間に頻尿になる
排尿痛がある
尿が出にくく、時間がかかる
トイレに行くまでに、尿が漏れてしまう
濁った尿が出る
赤い尿が出る
笑ったり重いものを持ったりした時に、尿が漏れる
突然、背中が痛くなる
睾丸が腫れてきて、痛かったり熱かったりする
陰茎に痛みが走り、赤い
どうも下半身に元気がない
検診で、腎・膀胱等に異常があるかもしれないと言われた
検診で、尿に異常があるかもしれないと言われた
尿管結石や腎結石があると言われた
前立腺癌の検査が必要と言われた

検査・処置・手術実績

H27年 H26年 H25年
膀胱鏡 52 34 40
経尿道的前立腺切除術  4 8 4
超音波検査 425 491 528
経尿道的膀胱腫瘍切除術 21 10 2
前立腺生検 33 20 27
経尿道的尿路結石破砕術 6 5 7
膀胱生検  2 6  -
経尿道的尿道拡張術  - - 1
ブジー(尿道拡張)  1 1 5
陰嚢水腫根治術  - - 1
陰嚢穿刺 2 3 2
内シャント造設 3 1 6
尿管ステント留置  6 5 9
腎臓摘出  - 1 -
高位徐睾  1 1 -
腎嚢胞穿刺術 - - 2
腎瘻造設  3 5  -
PTA(経皮的内シャント血管拡張) 11 14 15
膀胱瘻造設  4 2 1

診療時間と担当医について

※午前の診療は9時30分開始となります。

このページの先頭へ