ホーム > お知らせ > 藤原眼科医師 着任のお知らせ

藤原眼科医師 着任のお知らせ

お知らせ

認知症の改善にもつながる目の治療。
いつまでも「見える状態」でいられるように。

藤原医師

藤原和樹医師 眼科
鹿児島市出身 近畿大学医学部卒

私は、鹿児島大学病院、いづろ今村病院、鹿児島市立病院を経て、このたび当病院に着任しました。これまで、白内障を中心に幅広く、目に関する病気の診断と治療をおこなってきました。当病院は、鹿児島大学病院と緊密に連携しています。その強みを生かして、一人ひとりの患者さんに最適な医療を提供していきたいと思います。
患者さんに対して大切にしていることは、難解な目の病気のことを「やさしく、分かりやすく伝える」ことです。たとえば、目の構造をカメラにたとえたりして、できるかぎり噛み砕いて説明することを心がけています。

加齢によって気をつけたい目の病気はいろいろあります。白内障はもちろん、緑内障、糖尿病の合併症である糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)などです。加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)もその一つで、加齢や喫煙や食事などの環境因子により網膜の中心部である黄斑にゆがみや視野障害を生じる病気です。

白内障は手術によって治療可能な病気で、手術法も進歩してきており、昔に比べると目に対する負担も小さくなっています。最近、当病院に導入された最新の手術顕微鏡は、よりクリアに目を直接見ることができます。これにより、今まで以上に安全な手術ができるようになり、さらに質の高い医療の提供が可能となりました。目の病気の多くは初期には自覚症状がない場合があり、悪くなって診察にこられる方が多い印象です。また治療を先延ばしにすると治療そのものが難しくなります。ですから高齢者の方はもちろん、若い方でも一度、眼科の検診を受けることをおすすめします。

目も大切な一つの臓器です。それを守ることで、高齢になっても、できるだけ長く「見える状態」でいられることに貢献したいと思います。

外来医師担当表

| 一覧 |

このページの先頭へ