ホーム > 病院概要 > 看護部 > 先輩の声

先輩の声

外来 看護師 追鳥

オイトリ 青雲会病院に入職して5年目になります。入職したきっかけは、姉の「働きやすい環境だよ」という一言でした。
現在、外来に勤務し来院する患者さんの訴えを傾聴し、不安を取り除けるようにケアをしています。私は外来勤務をしながら手術室や外来当直もしております。

救急外来に搬送される患者さんの疾患に対応出来るように、JPTECやBLSなどの研修に参加しています。日々変化する救急患者さんの初期対応をスムーズに行うため、今後も勉強を惜しまずスキルアップに努めたいです。

多忙の中で挫折しそうな時もありますが、私の周りの方々は、みんな優しく声をかけてくださり、いつもそれがありがたいと思って仕事が出来ています。これからも、病院理念である「何か世の為、人の為」に地域に貢献していきたいです。


5階病棟 看護師 中西

中西 入職して今年で5年目になります。看護師として地域医療に貢献できればと考えていたところ、知人の紹介で入職しました。
入職当初は患者さんに寄り添えた看護が行えるか、また看護技術が身に付くか不安がありましたが、上司、先輩方の指導や支援のおかげで患者さんとの関わりが不安から喜びに変わりました。

日々様々な疾患の患者さんを通して看護の奥深さを学んでいます。教育研修も充実しており、丁寧に教えていただき看護技術の向上や研鑽が行えます。また職員一人一人の声を聞いてくれ職員に合わせた働き方を考えてくれる職場です。

「何か世の為 人の為」の理念の元に、人としてまた看護師として今後も向上していきたいと思います。


透析室 看護師 貴島

貴島 鹿児島市まで通勤していましたが、子供と関わる時間を増やしたいと思い自宅から近い青雲会病院に入職しました。入職時は初めての急性期病院での勤務・電子カルテの取り扱い、子育てと戸惑うこともありましたが、上司や先輩方からの指導や励ましの言葉、家族の支えもあり入職9年目になります。

現在は育児休業明けで透析室勤務になりました。業務内容は、透析の準備・穿刺・回収・止血、透析中の看護、患者の健康管理や生活指導と専門的な知識を必要とすることが多く日々、勉強の毎日ですが多職種と連携を図り患者により良い透析治療を提供することができとても充実しています。

これからも病院理念のもと自分のスキルアップと患者のニーズに合わせた看護ができるよう努力し、子育ても頑張りたいです。


5階病棟 看護補助者 吉永

吉永 平成26年に青雲荘に入職しH30年3月に希望で看護助手として病棟へ異動となりました。理由は家事や育児を円滑に行う為でしたが、初めは悩みもありました。

救急医療の病院は経験がなく入退院が多いので、様々な疾病、外傷患者さんに対し順応できるかどうか不安でした。しかし先輩の看護師の方が一つ一つ丁寧にご指導して下さり、慌てることなく安心して業務を遂行することが出来ました。また、些細な気づきで患者さんや看護師の方にとても感謝され、やりがいや喜びを感じることができました。これからも観察力を身につけ患者さんの僅かな変化はもちろん、言葉にならない気持ちを察して、それをキャッチできるような橋渡し的役割を担っていきたいです。


医事課 医療事務 緒方

緒方 医事課に入職し、今年で丸2年が経ちました。10年前にメディカルクラークの資格を取ったものの、全く別の仕事をしていた為、資格を活かせる仕事をと思い入職しましたが、最初は覚える事ばかりで焦りや不安、緊張もありました。

医事課の仕事は受付・会計・電話応対・レセプト業務、その他様々な業務があり大変ですが、先輩方が丁寧に指導して下さったので、不安や緊張も解れていき、今では患者さんとの会話を楽しみながら仕事をしています。また、様々な業務を通し、自分を成長させる事の出来る職場です。

この仕事をしていて良かったと感じる時は、患者さんからの「ありがとう」の声掛けや笑顔で帰られる姿を見た時です。当院の理念でもある「何か世の為 人の為」を大切に、これからも患者さんや職員の皆さんから信頼される職員になれるよう頑張りたいと思います。


このページの先頭へ