ホーム > レポート > 2014症例研究会

2014症例研究会

レポート

2月15日 土曜日 13時半から 青雲会病院にて症例研究会が開催されました。

各部署の代表者が、日頃の取り組みや活動内容を発表しました。

青雲会病院は姶良地域の中核病院として、地域医療の貢献に努めておりますが、社会の高齢化で、近年ますます超高齢の患者が増加傾向にあります。今年は、このような状況を反映してか、5階病棟「転倒・転落に対する看護師の意識調査からみた今後の課題」や4階病棟「脳血管疾患における誤嚥性肺炎の予防に取り組んで」、外科医師「当院における超高齢者手術」など、高齢者をテーマとした内容が多くみられました。

また、今回は「地域枠制度と総合診療医専門医制度」について、鹿児島大学大学院医歯総合研究科 地域医療学分野の大脇教授に特別講演をしていただきました。

短い時間でしたが、活発な討論が行われ医療・看護に対する知識・意欲の向上とチーム医療の連携の重要さが良く分かる有意義な研究会となりました。

今後も当院基本方針の「最期は青雲会病院で」と言われる病院作りを目指して職員一同努めて参ります。


2014症例研究会2014症例研究会


| 一覧 |

このページの先頭へ