ホーム > レポート > Have fun!~2年目、5年目職員が語る座談会

Have fun!~2年目、5年目職員が語る座談会

レポート

座談会


青雲会病院で働く、入職して5年目の職員と2年目の職員同士で、それぞれ座談会を行ないました。

5年目の職員

参加者:浅岡さん・遠矢さん(リハビリ)・安田さん・山口さん(看護師)・長野さん(薬局)・西留さん(医事課)

新人に指導する際に気を付けている事

西留さん「説明は分かりやすく丁寧に、自分なりのマニュアルを作れるようにメモに書き込む時間も作るように心がけています。また考える癖や力を付けて欲しいと思い、間違っていても構わないので自分の意見を言うように指導しています。」と、話してくれたのは医事課の西留さん。 医事課は新人が多く入職したので、5年目の西留さんは日々新人教育に力を注いでいます。「質問には質問で返します。分からなければ一緒に調べることで、自分の勉強にもなります。」との言葉に、みな「なるほど!」と頷いていました。


気分転換の話

安田さん遠矢さんから、「マイペースでインドアなので休日はDVDを観て気がづくと1日が終わってしまします。みなさんはお休みの日は何をして過ごしていますか?」との問いに、一気に話が盛り上がりました。
「計画的に前々から行き先、立ち寄るところ、食事をするところ等、綿密に計画を立てて旅行に行きます。」、「ライブやフェスに行きアクティブに休日を過ごします。」と、教えてくれたのは看護師の安田さんと山口さん。看護師というハードな仕事柄、休日はゆっくり過ごしていそうですが、仕事とプライベートでON/OFFをつけリフレッシュしているのですね。

また、穏やかな外見からは想像もつかなかったのが、浅岡さんの休日の過ごし方。その日何をするのかは、起きてから決めるそうで、思い立ったらふらっと遠くまで旅行に行ったり、釣りをしたりするそうです。「アグレッシブに動くのが好き。」という行動派の浅岡さんでした。

 


時間を有効に使う

長野さん結婚3年目で現在1才半の男の子がいる長野さん。青雲会では残業ゼロに取り組んでいるので、早い時間に帰宅することができます。同じ職場で管理栄養士の奥様が家事をする間、育児を率先して行います。子供と触れ合い、笑顔を見ると仕事の疲れも吹き飛ぶそうです。
また、当院のランナーズにも所属し、毎年菜の花マラソン等に参加しています。走っている間に、その日の業務内容を振り返り考えをまとめたりするそうです。
育児にランニングと、充実したアフターファイブですね。


職種が違うので普段あまり話す機会のないメンバーでしたが、大いに盛り上がった座談会でした。入職して5年経つと、責任も出てきますが、仕事で出来る幅が広がり、やりがいを感じているようです。また、プライベートもそれぞれ充実していて入職して「あっという間の5年間」だったようです。

 

2年目の職員

参加者:下村さん・宮田さん(リハビリ)・川添さん・吉冨さん(看護師)

入職する前はどのような気持ち

川添さん

「国家試験合格の喜びも束の間、看護師として現場でやっていけるか不安でした。」と、話すのはお姉さんも青雲会で看護師として働いている川添さん。また、職場の人間関係も気になるところ。当院は急性期の病院なので、患者さんへの対応も難しそう、忙しそうと、入職する前はみな不安と緊張でいっぱいだったようです。


先輩方に教わったこと

吉冨さん「日々の業務内容はもちろん、学校では学ばなかった、社会人としての必要な心得や態度、または医療従事者としてもつべき視点などさまざまなことを教わりました。とくに、忙しい業務の中でも周りに目を向け、互いにコミュニケーションを図り、気配り・目配りを行うことで、看護師間だけでなく、患者さんにとってもより良い看護を提供できることを学びました。」と、5階病棟で看護師として働く吉冨さん。化学療法チームのメンバーとして、目の前の看護だけでなく、退院し、元の生活ができるように先を見据えた看護を日々心がけ奮闘しています。


 

社会人としての変化

宮田さん働くということは、組織に属するということです。規則を遵守する、決められた手順を徹底するなど、プロとしての責任と自覚を持つ事は当然ですが、「思いやりを持って、人と接する努力をするようになりました。」と、自分自身の成長を感じる宮田さんの言葉でした。

 


患者さんのために今後どのように接したいか?

下村さん「リハビリは、コミュニケーション・食事など人生の楽しみにアプローチできる職業なので、リハビリに行くのが苦痛ではなく、楽しみになって頂けるような関わりをしていきたいです。」と下村さん。


入職時は覚える事がありすぎて、余裕がなく、毎日がいっぱいいっぱいだったと当時を振り返る2年目職員でしたが、患者さんのことを真剣に考えて、自分なりにどうしたいか、どうなりたいかを力強く話してくれました。

座談会 司会 諸木副師長・國生主任

 

| 一覧 |

このページの先頭へ